奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

夏のレンタサイクル

こんにちは。

 

暑い日が続き、お気を付けて。というお声掛けでこれからならまち散策される方を送り出す事が多くなりました。

 

昨日の来館者数は123名でした。

暑い中ご来館いただいた皆さまありがとうございました。

 

さて、少しでも快適に楽しくならまちを散策していただくために、本日は短時間のレンタサイクルをご案内したいと思います。

 

f:id:naramachi:20180723100738j:plain



奈良町情報館では、現在7台のレンタサイクルをご用意し、

1時間 200円/3時間 500円/1日 800円 *要お預金 1,200円

で貸出をしております。

 

帽子、長袖など日差し対策が十分でしたら、1時間という短時間のご利用もおススメです。

 

例えば、奈良町情報館から徒歩で7分の「ならまち格子の家」はレンタサイクルで約2分。徒歩で10分の「鹿の舟」や、アジア雑貨「ムタサン」はレンタサイクルだと3分ほどです。

 

ちょっと離れたところをピンポイントでレンタサイクルをご利用いただき、近場のカフェやごはん、お買い物は休憩しながらゆっくり歩いて散策というのはいかがでしょうか?

 

楽しかった。ゆったりリフレッシュできた。とステキな思い出に残る1日になりますようにお手伝い出来たらと思っています。

 

どうぞお気軽にレンタサイクル 1時間をご利用いただけたらと思います。

ならまちにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

 

茶粥のすすめ

 

こんにちは。

暑い日が続きますね。奈良町も日差しがジリジリしていますが、昨日は139名の方にお越しいただきました。ありがとうございます^^

 

今日は、奈良の郷土料理「茶粥」をご紹介いたします。

茶粥は西日本の各地でみられますが、その発祥は奈良とされており、聖武天皇の時代から親しまれてきた料理です。サラサラした口当たり(お粥ですがサラッとしています)とやさしいほうじ茶の風味が、奈良漬によく合うんです。

 

作り方は簡単。

米1合:水1200~1500ml:ほうじ茶20g

1. お鍋にお湯を沸かし、ティーバッグ等に入れたほうじ茶を煮出します。

2. 渋くなる前にほうじ茶を取り出し、洗ったお米を入れて強火にかけます。

アクを取り除きながら、沸いてきたら弱火でふつふつ、柔らかくなるまで煮込みます(15~30分)。あまりかき混ぜると粘り気が出るので、時々そっと様子を見るぐらいが◎。

 

※最初から弱火にすると、粘り気のあるお粥になります。

※お米とお茶は一緒に煮出してもOK。

 

お粥というより「お茶漬けでは」と思うぐらい、サラサラしているのが茶粥のポイントです。ほうじ茶の香ばしさが、お米と合わさってまろやかなとろみを帯び、優しい口当たりに。

 

奈良町情報館でも、大丸農園のほうじ茶を販売しておりますので、ぜひお試しください。

f:id:naramachi:20180722154136j:plain

左より(大)1,140円(小)550円(ほうじ粉茶・ティーバッグ)650円。

 

ならまちで茶粥が食べられるお店もいくつかご紹介いたします^^

ならやま茶館さん(こころとからだに優しいお料理。ごはんか茶粥を選べます)

にこすたいるさん(奈良の食材を贅沢につかったカフェ。ごはんか茶粥を選べます)

茶房 暖暖さん(箱庭を眺めながら、落ち着きのある町家で一息。)

平宗さん(柿の葉寿司の老舗。奈良の郷土料理メニューもおすすめ)

 

ならまちにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

和モダンキッチン「にこすたいる」さんをご紹介します

こんにちは。

 

連日37度を超える猛暑日が続いています。

ならまちも帽子、日傘、うちわ、がそして水分が必須アイテムで散策されています。

 

昨日の来館者数は68名でした。

暑い中ご来館いただいた皆さまありがとうございました。

 

さて、スタッフが本日いただいたランチをご紹介します。

f:id:naramachi:20180721164930j:plain

ならまちでニコニコ元気なご夫婦がカフェをされている 和モダンキッチン「にこすたいる」さん。

 

奈良産のお野菜やヤマトポークなど奈良の食材を味わえる「奈良ごはん」(1,300円税抜)はそれぞれの素材の味を大切にした小鉢が木のおぼんにのっています。

一口食べると優しい気持ちが伝わってきました。

 

メインとご飯は選べて、ヤマトポークのデミグラスハンバーグと冷たい茶粥をセレクト。

三輪そうめんのお吸い物に、すくなかぼちゃ、冬瓜、こんにゃくの煮物、白なすの煮びたし、サラダ、奈良漬けと少しづつ奈良の夏を味わってほっこり。

ランチは15時までやってます。

 

次回は、鹿のラテアートの鹿プチーノをいただきたいな♪

アイスもできるそうです。

 

ぜひ、一度お立ち寄りください。

 

和モダンキッチン「にこすたいる」

高御門町13-1

(奈良町情報館から南へ徒歩約5分)

11:00~16:30(L/~14:30L.O)

定休日:月曜日

2018年度奈良町おさんぽガイドMAP:B-4

 

 

土用の丑の日です!

 

こんにちは。

 

昨日の来館者数は54名でした。

暑い中ご来館くださった皆様、どうもありがとうございました。

 

さて、本日は土用の丑の日ですね!

スタッフのお昼ご飯は奈良町情報館より歩いて3分、「江戸川 ならまち店」さんのおひつまぶしでした♪

 

f:id:naramachi:20180720114646j:plain

 

うなぎは蒸しにかけて柔らかく仕上げた東京風です。

たれのしっかり染みたご飯がまた美味…♡

 

まだまだ気温の高い日が続くようです。

暑い夏を乗り切りたいですね!

 

江戸川 ならまち店

下御門町43(奈良町情報館より西に3分)

11:00~20:30(L.O.) 定休日:無休(年末年始をのぞく)

2018年度奈良町おさんぽガイドMAP:B-3-3

 

都祁のしそじゅーす

こんにちは。

 

奈良町は本日も最高気温38℃とたいへんな暑さで、時折山から吹く風がとても気持ちよくかんじられます。

昨日の来館者は82名でした。お立ち寄りくださった皆様、ありがとうございます。

 

今日は夏バテ予防にぴったりなしそじゅーすをご紹介いたします。

原材料はとてもシンプルで、砂糖・奈良県産の赤しそ・クエン酸の3種類で作られています。

しその風味が強く、甘酸っぱくてサッパリとしたお味です。

飲みきりサイズの170ml(180円)と、ご自宅用やお土産にもおすすめな720ml(580円)の2種類をご用意しています。

 

冷やしたものも販売しておりますので、休憩がてら是非お立ち寄りください。

 

「健一自然農園」のお茶をご紹介します

 

こんにちは。

 

ならまちは連日37℃を超える真夏日を迎えています。

昨日の来館者数は56名でした。暑い中ご来館いただき、ありがとうございました。

 

今日も日陰を歩かれながら、かき氷屋さんで涼んでいかれる方が多いです。皆さま熱中症にはお気を付けください。

 

さて、今日は自然農法(オーガニック)で有名な大和茶

「健一自然農園」さんのお茶をご紹介いたします。

f:id:naramachi:20180718152219j:plain

奈良盆地の東側に広がる大和高原で、完全無農薬・肥料も使わず、自然の恵みのみで育て上げられたお茶。

もとは耕作放棄されていた茶畑を、自然の力を活かして再生されました。

その栽培方法とお茶の評判が口コミで広がっていき、今では奈良のみならず全国各地の雑貨屋さんなどで販売されています。

 

奈良町情報館では「特上ほうじ茶」「初摘み和紅茶」「ゆず煎茶」など10種類をご用意しております。価格はいずれも290円・ティーバッグ3ヶ入りです。

今の季節ですと水出しもおすすめですよ。

 

ならまちにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。

 

吉野本葛をご紹介します

こんにちは。

 

真夏のような暑い3連休が終わり、今日はお友達同士やカップルがゆっくり話しながらならまちを歩かれています。

 

昨日の来館者は171名でした。

暑い中ご来館いただいた皆さまありがとうございました。

 

さて、昨日に引き続き奈良町情報館でお買い求め頂けますおススメの一品、黒川本家さんの「吉野本葛」をご紹介いたします。

 

f:id:naramachi:20180717141331j:plain

 

黒川本家さんの「吉野本葛」は混じりっけなしの本葛粉です。

優しい風味を損なわない繊細な味でとろみが水っぽくならず、身体を温め血液の流れを良くする効果もあります。

 

今の季節でしたら、お鍋で本葛と砂糖同量に水を4倍ほど加え火にかけよく練り、できたくずねりを冷たい水にポトンと落として頂くとお手軽にくずもちを作っていただけます。黒蜜やきなこを添えるとツルんとした夏のおかしを楽しんでいただけます。

 

約3年位と賞味期限が長いのも特徴なので、葛湯に、くずもちなどのおかしに、またお料理など幅広くお役に立ちます。

吉野本葛にはレシピ本をお付けしていますのでいろいろ楽しんで頂けたらと思います。

 

 

ならまちにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。