奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

まほろばざーる 特産品販売&箸製造体験

本日、奈良公園は春日野園地(東大寺南大門の東側にある広場)では、
「まほろばざーる」が開催されていました。

 

奈良青年会議所が主催し、
25もの飲食・特産品販売のブースが出店、
メインステージでは元読売巨人軍の投手・桑田真澄さんのトークショーや、
音楽パフォーマンス、ヒーローショーが繰り広げられました。
 
奈良町情報館を運営する私ども、㈱地域活性局もブース出店していました!

「写真撮らせて」って言ったのに一斉に後ろを向くスタッフ。なぜ。
 
弊社で取り扱う、吉野地方の特産品の一部を販売しました。
吉野桧・杉の間伐材で作ったお箸各種。
吉野桧の香り袋。
奈良市は都祁(つげ)で無農薬栽培されている、健一自然農園のお茶各種。
あと、川上村は高原(たかはら)のお野菜も少しだけ販売。
 
そして吉野杉箸の製造体験も同時に実施していました。

まず、長方形の木片をこの機械で裁断。
すると、自動的に割箸の形にカット&途中までスリットが入るという離れ業。
 

角の面取りです。
これも一気に4面仕上げます!
 

最後に上部(天)を削ぎ切ります。
高速回転する機械にちょっとビビりつつ、一気に!
 

吉野杉・天削箸の完成!
かわいらしい箸袋とともに、沢山の方々に持ち帰ってもらいました。
 
こちらの箸製造体験は、普段からお世話になっている吉野の箸卸業の方にご協力いただき実施しました。
またイベントなどでお目にかける機会もあると思いますので、
このブログでも告知していきますね。
 
ほかのブースでは、奈良町銘菓で知られる春日庵の「さつま焼」も実演販売されていました。

竹串に刺して炭火焼。実演は、最後につや出しの黄身を塗って焼く仕上げ行程。
 

ほかほかの焼きたては初めて食べましたが、うまい!
 
他のブースも、回るだけで30分かかりました。
(戦利品でカバンがいっぱいになりました・・・)
こういったイベントはこのブログでも事前に告知していくようにしますね。
 
 
  「ならまち情報サイト」
 http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする