奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

2012年6月26日の来館者数&25日鷽替神事

お恥ずかしながら、27日と26日の来館者数の掲載が前後しました…
 
26日の来館者数は107名でした。
日差しは強くても、風は爽やかでしたね。

さらにさかのぼり、なぜか25日の話を今頃書きます。
この日、ならまちから少し離れたところのお祭りに参加してきました。

 

大和西大寺駅に近い、菅原天満宮の「鷽替神事(うそかえしんじ)」です。
 
大宰府や亀戸天神さんでも行われていますが、
その昔、道真公ご一行の危機を救ったという鷽にちなみ、
一刀彫の「鷽御守護(うそおまもり)」を参拝者で交換し合い、
変えたい「嘘」を「まこと」に変えましょう、と祈願するお祭りです。
(はしょりすぎですみません)
 
朝まで雨予報だったので、今年の参拝客は少なめだったそうですが。
 

広くはない境内に、ざっと200人弱。
写真はちょうど、箱に入った鷽の御守りを交換しまくっているところです。
「替えましょう」「替えましょう」と言いながら、手当たり次第周りの人と交換。
 
しかもこのお祭りはくじ引き付きです。
御守りの箱に記した番号で当落を決めるのですが、
景品が大量&多種類なので、7回はくじ引きしました。
その度に「替えましょう」「替えましょう」。
少なくとも50名以上と替えました。
 

既に当選した人は高みの見物。
「何回も替えるのはちょっとしんどそうだなあ」と思っているはず。
 
神事は1時間ほどかかりましたが、100名は当選したんじゃないかと思います。
豪華な賞品になると6000円相当の筆(さすが天満宮)、赤膚焼、地元メーカーの菓子折詰など。。
 
そして景品の豪華さもさることながら、
町内の氏子さんの司会がまた素晴らしく。
冗談飛ばしまくって、笑わされっぱなし。
地域の方に支えられている、とても良いお祭りでした。
 

こちらが箱の中身、鷽御守護。
トサカは広げるのが正解です(左)。
皆さまも来年6月25日、お時間あればぜひご参拝を。
 
 
  「ならまち情報サイト」
 http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする