奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

2012年7月5日の来館者数&興福寺三重塔開扉(予告)

本日の来館者数は、ジャスト100名です!
とても真面目な、千葉からの修学旅行生もいらしてましたね。
雨の中、みなさんありがとうございました。
 
あと2日で七夕ですね。
ならまち界隈でも様々な行事があり、
何よりお店や商店街が七夕飾りで華やいでいます。
 

興福寺の三重塔も、開扉します(有名な五重塔とは違うので注意)。
年に一度、7月7日だけ、です。
ご本尊は秘仏の窪弁才天さん。
頭上に「宇賀神」という人頭蛇身のおっちゃんの神様が乗っていて、
腕が八本ある弁天さんです。
見た目からしてご利益ありそうですが、
霊験あらたかな神様として地元では知られています。


三重塔は鎌倉時代に造られた国宝です。
同じ国宝の五重塔は室町期なので、こちらの方が古いです。
そして何より鎌倉期特有のすっきりした立ち姿が美しい。
隠れた奈良の名建築です。
 
七夕にお越しの際は、この塔と弁天さまに会いにいらしてください。
 
 
  「ならまち情報サイト」
 http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする