奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

10月・鹿の角きり

本日の来館者数は185名でした。

 

采女祭の話ばかりしてきましたが、10月からは何かとイベントが続きます。

秘仏・秘宝の特別公開まで入れていたら、膨大な数になります。

 

10月初めで有名どころでは、こちらとか。

すみません、チラシを撮影しただけです。

毎年の体育の日を含む3日間、行われます。

なぜか県外の友人に「一度は見るべきだ!」と勧められることが多いです。

すみません未見です。

 

チラシを撮影しただけ②。

痛そうに見えますが、目や頭を傷つけないよう枕を敷いていますし、

この時期の角は人間の爪と同じ、切っても全く痛くありません。

秋の発情期の雄鹿はかなり気が荒いので、

切っておかないと人間も、鹿同士も大けがをする可能性が高くなります。

正直、雄のアピールになるので鹿としては切られたくないでしょうが・・・ごめん。

 

ただでさえ気の荒い鹿をうまく捕えて押し倒す。

かなりの迫力のはずです。

奈良公園の鹿はみんな野生で生きてます。たとえどんなに人慣れしていても。

 

その野性味を知りたい人にはお勧めの行事です。

 

 

  「ならまち情報サイト」

 http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする