奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

ちょっといい話:ならまち格子の家

本日の来観者数は199名でした。

少し汗ばみますが、多くの方が5月のならまちを歩いています。

さて下の写真はならまち格子の家の前で。

あららかわいこちゃんがちょっとスネてますね。

実は数時間前、格子の家で大泣きしていたそうです。

小虫が目に入ったそうで。

写真右のお父さんが頑張ってもなかなか取れなくて、

見学客の台湾からの女性が、目薬を貸してお母さんのようになだめてくれたそうです。

それでも取れなくて、写真左、緑の服のご近所さんが泣き声を聞きつけ、

そのご主人が近鉄奈良駅近くの目医者さんまで連れて行ってくれたそうです!

簡単な処置で済み、無事戻ってきて大泣き→ベソに進化したところ。

お別れの際は、格子の家スタッフ手作りの折り紙をもらって、

きれいなプレゼントにちょっと驚いたお嬢ちゃん(と、私)。

さらに写真左のご近所さんが走って家に帰り、紙風船まで持ってこられましたよ!

もう至れり尽くせり具合にびっくり、というか大笑い。

しんどい思いをした彼女も、最後はかわいくバイバイの手を振ってくれました。

・・・ここまでするか、ならまち。

と、町の人の感嘆させられた出来事。

あ、もちろんそのとき居合わせた他の見学者もだいぶ気を使ってくれたようですが。

そんな格子の家に飾られていたバラの花。

今日の当番スタッフOさんのご実家から。

明日もドラマが巻き起こるならまちに、いらしてください。

 

ならまち情報サイト

http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする