奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

町家空間のロボット祭り!

本日は113名の方にご来館いただきましたが…昨日に続き、豪雨に見舞われました。

さらに昨日と違い、夜になってもなかなかやまず、本日の「中新屋 灯りの小径」は

中止になりました…(また明日!おこしください!)

ちなみに「なら燈花会」は本日、少し遅れて19:30~開催されました、よかった!

 

燈花会期間中は、様々な場所でいろんな催しがありますが・・・

子供たちが集まっているこちらは、下御門商店にある町家空間の店先です。

電子部品を組み合わせた、甲虫ならぬ「電虫」を作っています。

教えているのは奈良育英学園の情報技術部。

人型ロボットの制作・実演に積極的に取り組む、かっこいい学生さんたち。

彼らによる「電虫」制作ロボット操縦体験8月6日(火)・7日(水)

2日にわたり実施中です。

いっしょうけんめい色塗り。

お兄ちゃん(左)に続き、組み立てはギブアップしてた弟くん(右)も参加。

そして真ん中のロボットのポージングにもご注目(無駄にかっこいい)。

できたあ! お兄ちゃんの「電虫」は足つけにこだわった力作です。

メタリックなボディが結構リアルな「虫」っぽくてかっこいいよ!

 

そして「町家空間」の中では、一室を使ってロボットたちが対戦中。

・・・て、何ですか中央のかわいい二匹は。でも腕っぷしは強い!

勝った!負けた! て、やっぱりかわいいがな。

育英学園のロボットたちは、ウィニングポーズが決まってます。

かなり精巧かつ複雑な動きをする、人型ロボットたち。

右の方、頭はいったいどうしちゃいましたか・・・

こっちもバトル開始!

さっきは座り込んでいた青いロボットが立ち上がりました。

腕も手も、何箇所もの関節が、時に曲線を描きながら、複雑に動きます。

どう操作するのか文系のおばさんには全くわかりませんでしたが、

実際に操縦体験もできるんです!(だから文系さんも心配しないで)

青い子、勝ちましたー!

て、目光ってるやん!

本当に、名前をつけたくなるほど、このロボットたちが人間みたいに見えてきます。

ちなみに倒されると「ガッシャーン!」とかなり重い衝撃音がします。

思い入れのある方が負けると、結構ショックです(笑)

 

大人でも、文系でも、かなり、いやすごく楽しいです。

このロボット祭り、明日もやってるんです。

雨が降ろうと(下御門商店街はアーケード)、足を運んでみて損はないですよ!

 

ならまち情報サイト http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする