奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

ならまちで贅沢ハシゴ酒!

11月でもこんなに降るのか…というような雨の日。

皆さんも天気予報を気にしてらしたのか、本日のご来館は81名様でした。

 

でも昨日24日は良い天気で、508名がお越しくださいました!

週末のならまちを楽しんでくださった方も多いのでは。

情報館スタッフは、元スタッフの誕生日祝いで、夜のならまちに繰り出しましたよ。 

携帯電話で撮ったため、いつもよりも小さい写真でごめんなさい。

きれいな看板です!

こちらは南市町の小さなビル2Fにある、「Bar Fiddich(バーフィディック)」。

隠れ家的な場所にありますが、人が人を連れてくる類のいいお店ですから、

いつ来ても様々な客層のお客様がいらっしゃいます。

こちらでは常時、3種の生ビールが用意されています。

うち1つはその時々で変わるゲストビールですが、

2年で80以上の樽が入れ替わったそうな…。奈良県民てそんなに飲むの?

(この日は麦芽を燻製して作った、秋田は田沢湖ビールの「ラオホ」でした)

写真は別スタッフが注文した、黒ビールのギネスと、ベルギーの白ビール

ヒューガルデンをハーフ&ハーフで注いだもの(一口飲んだ後ですが…)。

これはですね、飲んだことない人は損してますよきっと。ビール嫌いの人でも。

いいバーはお料理も美味しいです。

しかしバーテンダーさんたちはどこでお料理を学んでるのでしょうか…。

手前は付き出し、奥は鶏白レバーのパテ。至福です。

そしていくら写真を挙げようと、お酒もお料理も全然紹介しきれない。

行ってみていただくのが早いと思います。そういうお店です。

 

そして余力を少し残して2軒目、ボジョレーを解禁したふりぽんぬへ!

何で皆さんこぞってボジョレボジョレ言うのかよくわかりました。

普段赤ワインを飲まないスタッフ皆がおかわりする飲みやすさ!

ワインの後ろの自家製パンが気になるけど、今日の狙いは限定メニューです。

シェフお得意の盛り合わせ、7・8種類のお料理が入っております。

これでグラス1杯ついて1,000円でした。困りますねもう。

豚のタンの煮込み、沖縄は南大東島の長命草(サクナー)を添えて。

こんな限定メニューが15くらい用意されているのでたまりません。

そしてお誕生日プレゼントのお花(シェフの奥様アレンジ)まで頂戴しました!

この場にいた常連さんたちも一緒にお祝いしてくださって。

(元)情報館スタッフ、幸せ者です。

あの場にいた皆さん、本当にありがとうございました。

 

こんな素敵な夜のお店情報を、奈良町情報館は軽く30軒は持っております。

皆様にも、ぜひこの幸せを味わっていただきたいです。

ご来館の際は、ご遠慮なさらず何でもお訊きください!

 

ならまち情報サイト http://www.naramachiinfo.jp

広告を非表示にする