奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

御霊神社「縁結びの茶会」

本日の来館者数は116名でした。

うーん珠光茶会中なのでもう少し人出がほしいなあ・・・と思っていましたが、

こちらのお茶席では特に朝うちが、忙しかったそうですよ。

いきなりこれは・・・蘭陵王でしょうか?怖い方がお出迎え。

御霊神社は八尋殿(やひろでん)で行われた「縁結びの茶会」に行ってきました!

珠光茶会「ならまち会場」のお茶席のひとつで、作法に詳しくなくても気軽に、

かつお茶席の雰囲気は堪能できる、立礼式です。

亭主が御園棚で点ててくれます。

ご覧のように亭主も、そしてお客側も椅子に座ったままなので、楽。

懐紙とか当日の服装とか何も考えずに行きましたが、問題なかった(はず)です。

お干菓子は地元の菓子屋さんの生姜風味のおせんべいと、阿波の和三盆。

お抹茶を引き立てるような上品なお味でした。

点てていただく間に、亭主からお道具のお話があり、はあ、はあ、と驚いているうち

時間が経つのが早いこと(笑)

右奥の煙草盆の上に乗っているキセルなんか、織部焼で出来てましたよ。

あえてアップの写真がないのは、失敗したのと(またか)、美術品を遠慮なしに

撮影している気がしたからです。

 

終始なごやかな雰囲気に包まれたお席、御霊神社での「縁結びの茶会」は、

野点なども交えながら、年に数度行っていくそうです。

また機会があれば逃さずに行ってみてください!

 

ならまち情報サイト http://www.naramachiinfo.jp