奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

半世紀前のならまち

本日は奈良町情報館の朝市でした。

全体で367名ものお客様に来ていただき、生鮮品はほぼ完売!

お買上げくださった皆さん、どうぞ美味しく召し上がってくださいね!

f:id:naramachi:20140510192734j:plain

で、野菜やら撮らずに(毎度すみません)何の写真挙げてんねん、というと。

ならまちでカフェを営むGさんが、朝市に来られた際にくださった、

奈良市美術館(イトーヨーカドー奈良店内)で開催されている

 

「奈良を観る ~約半世紀前の奈良町~」展のチラシです。

→【奈良市美術館】http://www.museum.city.nara.nara.jp/

f:id:naramachi:20140510191716j:plain

ここに、奈良町情報館が位置する正に現在地の、37年前の写真が。

「はり新」や「誠美堂」など、現在の老舗の看板があります!

道はアスファルトで一部覆われているのか、でも道端は土が露出してるようで・・・

まだ「ならまち大通り」が完成する前の頃のようです。

 

昔と現在を重ねやすいのは、町並み保存に力を入れてきた、ならまちならでは。

~5月25日まで市美術館で展示中ですが、

「こういう写真展をならまちでできたらなあ!」とおっしゃってたGさん。

本当に、そうですよね。

写真を見たあとに、実際に撮影された場所を歩いて楽しんでもらえたら、

なぜ、ならまちが「活きた懐かしさ」を持つ町なのか、皆にわかってもらえるはず。

関係者の皆様、当ブログご覧になってたらご検討くださいませ。

 

Gさん、いつも面白いネタをありがとうございます!

ならまち情報サイト http://www.naramachiinfo.jp

 

広告を非表示にする