奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

昨夜の采女祭の後半で~す!

昨夜の仲秋の名月は、6時頃までは春日山にかかる雲に隠れていましたが、管弦船が出発する頃には、雲の上に昇り、見事な輝きで猿沢池を照らしてくれました。
この夏の雲の多い不安定な天候を考えると奇跡的かも知れません^^;

午後6時から、池畔の采女神社で春日大社神官による厳かな神事があり、花扇が奉納されます。猿沢池には、沢山の流し灯籠が浮かび、岸には提灯が並んで管弦船の出発を待っています。

f:id:naramachi:20140910094528j:plain

午後7時、南都楽所の奏する雅楽が流れるなか、ミスうねめやミス奈良を乗せた管絃船が、流し灯籠の間をぬ って池を時計回りに二周めぐります。

f:id:naramachi:20140910094652j:plain

その後、池の中央に向かって進んだ管弦船から花扇を池中に投じて神事が終了します。

f:id:naramachi:20140909143238j:plain

今年はお天気に恵まれ、名月の下での采女祭を観光客の方々も満喫されたでしょうね。

広告を非表示にする