奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

何故か唐突に「アケビ」です。

昨日のホオズキに続いて、懐かしい秋の味覚「アケビ」をご紹介します。
スーパーなどで見かけることはほとんどありませんが、道の駅などでは時々売られているようです。

f:id:naramachi:20141008102617j:plain

外の皮が濃い紫、薄い紫、茶色と色々あります。写生したり、観賞用にするなら紫色が良さそうですが、中身は同じです。
中身は、種が沢山あって、種の周りの半透明の白っぽい部分が甘いのですが、種と分離できないので、そのまま頬張って種を吐き出します。^^;

上品な甘さですが、見た目の大きさの割に食べられるところが少ないのが難点です。
奈良の人は外側は食べないようなのですが、ネットで調べると外側は、切って油で炒めるなどすると苦みのある山菜として食べられるそうですよ。

広告を非表示にする