読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

ならまち資料館での蚊帳展示(8/7~8/25)のお知らせ

お知らせ

「それでも蚊帳、やっぱり蚊帳、これからも蚊帳。〜蚊帳の過去・現在・未来〜」

 

期間 

 8月7日(金)~8月25日(火)10時~16時

会場 奈良町資料館  展示スペース

【年中無休・入場無料】

展示者  松浦 良樹

概要

かつて日本一、全国の蚊帳生産の8割を担っていた奈良県。なかでも奈良町はその一大拠点でした。

今回二度目の展示会となるならまち資料館ももともとは蚊帳屋。

 

そんなならまち資料館で蚊帳の歴史的な資料や赤ちゃん蚊帳などの展示と、出来たばかりの「侍藍〜SAMURAI BULE」(サムライブルー)の蚊帳などを展示します。

 

詳細

蚊帳は蚊除けの蚊帳から様々な進化を遂げ、安眠だけでなく安心や安全、そして安らぎや瞑想の空間として新たな価値が生まれはじめています。

世界に目を向ければ命を救う空間としても注目されています。

そんな蚊帳の歴史と現在、そして未来を考える展示会です。

歴史的な資料とともに実際の蚊帳を体験してもらえれば幸いです。

資料展示

・戦前・戦後の

「蚊帳見本帳」「蚊帳定価表」「蚊帳販売企業パンフレット」

「チラシ」などなど

奈良所縁の蚊帳資料

蚊帳がなければ美空ひばり石原裕次郎もいなかった!

日本の音楽シーンを牽引したテイチクは蚊帳屋さん

誕生から死まで蚊帳に包まれて暮らした日本人

「蚊帳定価表に見る物価の変遷」

 銭から円、そして万へ

蚊帳生地などを使ったアップサイクル商品の展示、販売。

 

展示会・イベントの御案内 | 奈良町資料館

 

広告を非表示にする