奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

火の粉が飛び交う大迫力の鬼追式

昨夜(3月31日)は、薬師寺で鬼追式がありました。

これは、一週間に渡って十人の練行衆が祈りを行う花会式(修二会)の最終日、結願法要として行われるものです。
東大寺のお水取りと同じ儀式で、奈良時代から続いているものです。

f:id:naramachi:20160401180722j:plain

薬師寺は午後5時にいったん閉門されますが、6時に改めて開門されると金堂の前には、鬼が暴れまわるための舞台が設置されています。
午後8時半になると、この舞台を中心に5匹の鬼が松明を振りかざして大暴れします。

f:id:naramachi:20160401181021j:plain

鬼追いは、節分会のときに各地のお寺でも行われますが、ここの鬼達はとにかく凶暴です。(^^)

f:id:naramachi:20160401181241j:plain

松明を舞台の手すりに叩き付けたり、拝観席に向かって投げてきたりもします。
また、手すりの上に登って、大松明を揺すり落とし、舞台から降りてきて威嚇するなど大暴れします。
最近は控えめだそうですが、それでも飛んでくる火の粉で上着に穴が開くこともありますよ。
最後は、毘沙門天が登場して鬼たちを諫め、参拝者全員にご利益のあるお松明が授けられました。

なお、本日の奈良町情報館の来館者数は69名でした。

広告を非表示にする