奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

ひのきの携帯つまようじ入れ「ひのぴ」

 

こんにちは。

 

8/5~8/14の「なら燈花会」が過ぎ、今日ならまちはしとしと雨が降っています。

 

昨日の来館者数は287名でした。

暑い中ご来館いただいた皆さまありがとうございました。

 

さて、本日ご紹介するのは奈良県東吉野村でつくられた、携帯つまようじ入れ「ひのぴ」です。

 

f:id:naramachi:20180815105400j:plain

写真の右に写っているのが吉野ひのきの丸太で、樹齢200年の吉野ひのきを職人が一つ一つ手作業で削って仕上げています。

 

2008年奈良県おみやげもの大賞にも選ばれたお品です。

 

手に取ると温かい木のぬくもりを感じ、ふたを開けると天然のひのきの香りがほんのりとして、市販のつまようじを入れておいていただくとほのかにひのきの香りが移る楽しみがあります。

 

奈良町情報館では、シンプルな無地と、「ひのぴ」と手書きの2種類を販売しており、価格は710円(税込み)です。

 

ならまちにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。