奈良町情報館のブログ

江戸時代の街並みを残す「ならまち」の観光案内所です

ならまち の庚申さん

こんにちは。

 

台風20号が昨夜関西を通り過ぎ、強い風の影響で奈良町大通りに朝には落ち葉がたくさん落ちていました。

皆さまのお住まいの地域は大丈夫でしたでしょうか。

 

昨日の来館者数は76名でした。

足元の悪い中ご来館いただいた皆さまありがとうございました。

 

さて、本日はならまちの風習の一つの庚申さんをご紹介します。

 

ならまちを散策されると軒先に猿をかたどった赤いお守り、庚申さんが吊り下げてあるのをよく見かけます。

こちらの写真は、「奈良町資料館」の裏門にある庚申さんです。

 

f:id:naramachi:20180722083829j:plain

 

 

 

そのおうちに病気や災いが来ないように健康に暮らせるようにお守りで、「身代わり猿」とも言われています。

 

 

奈良町情報館から南へ5分ほど歩いたところに、庚申さんを祀っている祠の「庚申堂」があり、その斜め前には庚申さんを公式に販売し、昔のならまちのお店の看板など無料で見学できる「奈良町資料館」があります。

 

ならまち散策の際は、ぜひお立ち寄りください。